破傷風 レシピ

破傷風とその民間治療レシピについて

破傷風,レシピ

破傷風は、土壌にいる破傷風菌が傷口から侵入することで発症する病気です。 菌は、芽胞と呼ばれる冬眠状態で自然界に存在し体内に侵入すると増殖しながら毒素を出します。この毒素が、身体にさまざまな悪影響を及ぼし場合によっては死に至らしめます。 破傷風の特徴的ものとしては痙攣で、これは毒素が運動に関わる神経や脳に侵入し、運動神経を興奮させることにより発生するものです。ただ感染から発病までの進行は緩やかで、症状が出るまで4日から14日ほど時間があります。また空気に触れている間は菌が増殖しにくく、毒素もあまり出さないため大丈夫ですが、傷口が深いと発症のリスクが高まります。毒素が神経を侵し症状が発症すると、激しい痙攣や痛みを全身を襲うようになります。 そのため子供や新生児がこれに掛かると高い確率で死亡してしまう恐ろしい病気です。現在では三種混合ワクチンにより予防されていますが、菌は普遍的に存在し特に不衛生な環境での出産などで感染するおそれがあり注意が必要です。 その後、毒素が無くなるとこれらの症状は収まりますが、治癒するまでに3週間から6週間かかるといわれています。 破傷風の治療は抗生物質の投与と毒素の中和が中心になります。 一方で民間療法レシピでの破傷風治療も傷口の消毒に重きが置かれています。 託児所付き 看護師は病院で働くには、院内保育が併設してあります。

破傷風に効く薬とは

破傷風,レシピ

破傷風というのは、現在の日本ではあまり聞かなくなりました。昔は破傷風にかかると死に至る怖い病気といわれていたのです。しかし、医療技術や衛生状態が向上したため、日本ではあまりないのですが、世界では発展途上の国などで未だに多発している病気なのです。 これは、破傷風菌という土壌などに存在する菌が、人間の傷口から体内に入り込み、毒素を出して神経系をおかすものです。全身に痙攣がおこったりする感染症なのです。潜伏期間が1〜2週間であり、初期症状としては、倦怠感があったり、首筋が張ったり、よく眠れないなどの症状から始まります。その後、嚥下困難や排便障害、ひどい全身けいれんなどが起こります。悪化すると、死に至ることもあるのです。 治療法としては、投薬治療をしていきます。毒素を中和するために抗毒素血清の注射をしてきます。破傷風菌には抗生物質が使われ、けいれんには鎮静薬を使うようにします。1か月程度の入院を必要とします。 また、山などの自然界で仕事をしたりする機会の多い人は、予防のために予防接種を受けておくことをおススメします。アフリカや南米のような国では、破傷風は日常茶飯事のことですから、そういった国を訪れる際にはしっかりと予防をしていくようにしましょう。 101

更新履歴